日本人ならやっぱり和婚がいい!そんな和婚のよくある疑問を分かりやすく解説

このサイトでは、昨今若い方の間で人気となっている和婚について解説をしていきます。
どのような場所で結婚をするのか、ルールや持ち物などについても見ていきましょう。
また多くの方が疑問に感じる費用などもピックアップをしていきます。
日本古来の方式でもあり、伝統を今後も受け継いでいきたいと思われる方も多いので、それらの魅力もみていきます。
これから式を挙げる方の参考になる情報もあるので、お役に立てれば幸いです。

日本人ならやっぱり和婚がいい!そんな和婚のよくある疑問を分かりやすく解説

和婚の場合、必ず神社や寺院で結婚をするのが前提となります。
多くの方が疑問に感じる費用については、相場とすると約100万円前後となりますが、和婚だと着物類はレンタルをすることで費用を大幅に抑えることが可能です。
また神社などでは挙式のみに対応される場合があるため、披露宴の式場は別に借りる必要もあります。
基本的にはブライダル会社を通して準備ができるため、和婚をする際はブライダル会社を頼るのが望ましいです。

そもそも和婚とはどのような結婚式なの?

皆さんは和婚についてご存知でしょうか。
少なくとも、和婚とは何となく日本の伝統的な結婚式というイメージは思い浮かぶと思います。
また、神社での結婚式を指していると思っている人も多いでしょう。
確かに、それは間違いではないですが、和婚とは和の要素を取り入れた結婚のことですので、必ず神社で行うというような決まりはありません。
一番伝統的な神前式について見てみましょう。
神前式とは、神にふたりの結婚の誓いを立てる日本古来の伝統的な挙式スタイルです。
流れとしては神主や巫女が説明してくれますが、基本的には参進の儀、言い換えれば神職や巫女を先頭にして次に新郎新婦が列になって神殿へ歩く儀式を最初に行います。
その後も儀式をいくつか行い、終わりまで神主の進行に従います。
一見神社で行うイメージがありますが神前式でも、ホテルや専門式場で行う場合もあります。
神社と比べると、披露宴などの移動や準備が不要なので、そこの時間が省けるところがメリットです。
もし、和婚のことで少しでも興味を持ったのであれば、選択肢の一つとして考えておくことをおすすめします。

和婚と洋婚の違いを詳しく見ていこう

一生に一度の思い出に残るような素敵なウェディングをしたいけれど、和婚と洋婚のどちらが良いか迷うという人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、それぞれを比較して違いを把握したうえで自分に合ったものを選ぶのが良いかも知れません。
和婚とは、基本的に日本において古くから伝わっているスタイルの結婚式で神前式や仏前式などがあります。
伝統の挙式とはいえ現代に合うように変更されている点もあり、指輪の交換もすることが可能です。
和装を着用しておこなわれることが多く、落ち着きある印象のウェディングとなります。
日本らしい奥ゆかしさのある、趣ある挙式をしたい場合に選ぶと良いかも知れません。
洋婚は、一般的に洋風のウェディングのことを指しています。
キリスト教式や人前式などが行われていて、新郎はタキシードを着用し新婦はウェディングドレスを着ることが多いです。
指輪の交換もしますが、誓いのキスをするのもこちらの挙式の特徴です。

和婚のマナーは事前に確認しておこう

伝統美が人の心を惹きつけている神社での和婚をしたいけれど、初めてなのでマナーが分からず不安だという人は多いのではないでしょうか。
結婚式に招待されることがあってもキリスト教式だけしか経験がないということも多いため、分からないことがあったとしても何ら不思議なことではありません。
もちろん何をすればよいのかは教えてもらえるため心配することはありませんが、やはり大切な結婚式に臨むのであればあらかじめ和婚のマナーを確認しておく方が安心です。
例えば神社の神殿に向かうときの参進の儀では、神職や巫女の後に続いて新郎新婦・両親・親族の順番で並ぶのが特徴です。
三々九度の盃では新郎新婦が交互にお神酒を頂きますが初めは小で次に中、その後大の順番で飲みます。
さらに誓詞奏上では、新郎新婦が夫婦になる誓いを読み上げることとなるので重要です。
これらのように和婚では厳かな雰囲気の中で慣れない儀式をするため、心配な点は事前に確認しておくと良いでしょう。

和婚にかかる一般的な費用はどれくらい?

和婚にかかる費用を種類別に紹介します。
最もポピュラーな神社や神殿で行なわれる「神前式」の値段を見ていきます。
全体では50万~80万円ほどかかります。
内訳としては、チャペルの使用料や聖歌隊のお金がかからないため、教会式より5~10万円安く「挙式代」は30万~35万円が相場となります。
次に「衣装代」は、選ぶ和装によって大きく変動しますが、おおよそ5万~25万円です。
そして「着付けやヘアメイク代」は和装のレンタル代に含まれることが多いのですが、別に依頼した場合には1万~5万円が追加でかかってきます。
「撮影代」は5万~10万円で、カメラマンだけが入れる立ち入り禁止の場所や、撮影自体禁止の場所もあるため前もって確認が必要です。
最後に神社で式を行う場合は、謝礼として「初穂料」を納めなければいけません。
初穂料の相場は5万~10万円ほどとなっています。
上記の価格は平均的な式にかかるお金であり、和婚に限らず全ての式に言えることですが、格式高い会場であったり、高級な衣装を使うと式の費用は上がります。

和婚でよくあるトラブルと具体的な対処法

和婚というのは、関東と関西で風習が若干異なります。そのため出身地が東西に分かれる新郎新婦が和婚を挙げると、何かとトラブルが起きやすいのです。それぞれの違いを理解したうえで、どちらに合わせるのかを決めておくことがベストな対処法だといえます。
具体例を挙げると、参列者に提供する料理の品目に風習の違いがあるのです。関東は品目の数がしっかりと決められているのに対し、関西では縁起の悪い偶数を避けることができていればOKとされています。和婚の前に行う結納においても、関東では新郎新婦で同じ物を用意する習慣がありますが、関西では新郎から新婦に贈呈するだけのケースがほとんどなのです。結納金のお返しも関東ではもらった額の5割を返納するのが相場になっているのに対し、関西の返納相場は1割となっています。和婚は地域に根差した慣例が多いだけに、意見の食い違いも頻繁に発生しがちなのです。トラブルが起きたときは専門スタッフに相談することが、適切な対処法だといえます。

和婚の披露宴はどこで行われるの?

厳かで美しい日本の伝統的な和風のスタイルで挙式をしたいけれど、和婚の場合には披露宴はどこですれば良いのかという疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
一般的な和婚の挙式は神前式で、このスタイルの挙式ができる場所には神社や結婚式場・ホテルの神殿があります。和婚でも挙式後には披露宴会場を利用しますが、その際の選択肢はいくつか考えられます。例えば神社でおこなった挙式の後に披露宴をする場合には、神社の敷地内やすぐ近くに備わっている神社の会館の中にある宴会場を利用することも多いです。この場合は徒歩でも移動することができ、新郎新婦やゲストにとっても便利です。しかし適した披露宴場のない神社の場合には別途ホテルや専門式場、レストランなどを押さえて利用することもあります。ホテルや専門式場に併設された神社で挙式をする場合には、披露宴はそのままそこのホテルや式場に備わっているバンケットルームを利用することが一般的です。

和婚の魅力は落ち着いた雰囲気で結婚式が挙げられること

自分たちの希望に合う、伝統と落ち着きある大人に相応しいウェディングをしたいという人もいるのではないでしょうか。そのようなときには和婚が適している可能性があります。
伝統的な日本らしい挙式スタイルが和婚の特徴で、新郎は羽織袴を着用し新婦は白無垢や色打掛を着用します。美しい和装に身を包んで結婚式に臨むときにはうつむき加減になってゆっくりと歩くのが一般的です。奥ゆかしさが漂い、自然と落ち着いた雰囲気の挙式となります。神社の神殿を前にしての神前式は緊張感が漂い、厳かな雰囲気です。雅楽の演奏に耳を傾けたり、巫女の舞を身近で眺めたりしながら落ち着いた雰囲気で家と家とのつながりを重視した結婚式が出来るのが魅力です。年齢層の高い世代にとってなじみのある挙式であるため、和婚は両親や祖父母といった世代の人に喜ばれる可能性も高いでしょう。挙式後には披露宴会場に移動しておもてなしをするのが一般的ですが、この会場選びによって雰囲気を変えることは可能です。

チャペルなどでも和婚を行うことができる

和婚というと、神社で着物を着用しての結婚式が一般的です。しかし近年、若い人を中心に結婚式におけるスタイルの自由さが進み、「和婚」にさまざまなスタイルがあります。
和婚で和装はしたいけど、厳粛で格式高い神社などでは、雰囲気が自分と合わなくてしたくない。そんな人にはチャペルでの「和装人前式」がおすすめです。人前式とは、家族や友人などの前で誓いを立て、認めてもらう挙式スタイルです。神様に対して誓いを立てる他の式のように宗教の儀式にとらわれることなく、ゲストと作り上げるスタイルなので、2人らしいオリジナルの式を挙げることができます。神社や教会に限らず自宅でも行えるほどの自由さがあります。どんな場所でも挙式を挙げられるメリットに加え、友人などと同じ場所になってしまっても、全く違うテイストで式を行えます。なので「和装人前式」をチャペルで行うこともでき、白無垢を着用しながら洋風のテイストで式を進行することも可能です。

和婚にはメリットだけでなくデメリットもある

伝統的な趣きの感じられる雰囲気の中で厳かに行われる日本らしい結婚式をしたいのならば沢山のメリットがある和婚をするのがおすすめですが、デメリットもあるため配慮して準備をすると良いでしょう。
例えば神社でおこなう場合には、天候に影響を受けることがあります。参進の儀は屋外を歩いて向かうため、天候によっては出来ないこともあるからです。とはいえ天気の良い時期を選んだり、屋内から移動できるような施設を選ぶことでリスクを避けることができます。また神前式は基本的に家族・親族のみが参列できるものなので、友人に列席してもらえないこともあります。反対に家同士の繋がりを重視して、家族や親族のみでおこないたい場合には適した和婚です。そして神社によってはバリアフリーとなっていないこともあるため、バリアフリーでなくてはならないケースでは注意が必要となります。ただしホテルや専門式場に併設された神社の神殿での和婚なら、バリアフリーである場合が多いです。

和婚に関する情報サイト
和婚の魅力

このサイトでは、昨今若い方の間で人気となっている和婚について解説をしていきます。どのような場所で結婚をするのか、ルールや持ち物などについても見ていきましょう。また多くの方が疑問に感じる費用などもピックアップをしていきます。日本古来の方式でもあり、伝統を今後も受け継いでいきたいと思われる方も多いので、それらの魅力もみていきます。これから式を挙げる方の参考になる情報もあるので、お役に立てれば幸いです。

Search

更新情報